コンロを綺麗に保つ方法とは

綺麗にする方法がいくつか存在する

綺麗なコンロを目指そう

軽度の汚れの場合

少ししか汚れていない場合や、まだ汚れが付着して日が経っていない時は、簡単に汚れを落とすことができます。
まずキッチンペーパーと、洗剤を用意してください。
洗剤は、食器を洗う時に使っているもので構いません。
キッチンペーパー洗剤を含ませて、汚れている部分に上に乗せましょう。
30分から1時間ほど乗せていれば、汚れが浮き上がってきます。

そのまま拭き取れば、綺麗な状態に戻ります。
洗剤が残ると、カスがこびりついて余計に汚くなってしまいます。
キッチンペーパーで、しっかりと拭き取ってください。
定期的に掃除していれば、そのぐらいのお手入れで済ませることができます。
忙しいかもしれませんが、コンロのお手入れを実践しましょう。

スポンジも使ってみよう

たくさんの汚れがついている場合は、キッチンペーパーだけで落とすことができません。
スポンジも使ってください。
コンロを掃除する時に、金属製のタワシを使っている人が見られます。
しかし金属製のタワシは固いので、コンロに傷をつけてしまう恐れがあります。
柔らかいスポンジを使ってください。
スポンジでは、綺麗に汚れを落とすことができないと、不安を抱いている人が見られます。

しかし洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを使った後なら、汚れを落としやすくなっているので安心してください。
それで落ちなければ、クレンザーを使いましょう。
クレンザーは、少しだけ使ってください。
適量を守らないと、汚れがさらに付着する原因になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る